会議室

日本語教師スキルアップ

オンライン講座

中上級レベルの教え方

日本語教育の知識だけでは実際の授業を効果的に進めることはできません。この講座では、理論だけでなく実際の授業を想定した中上級レベルでのより実践的なスキルを学びます。

 
Image by Domenico Loia

​​「話す」ための映像使用

​​-多次元シラバスの運用による授業展開-

私たちの言語行動は、機能・場面・構造といった複数の要素で構成されています。それらを具現化した多次元シラバスでは、単一ではない多様な授業形態が考えられます。
映像を用いる授業というと、どうしても「日本文化」「発話」につなげるという授業スタイルに偏重しがちです。しかし、多次元シラバスで談話全体を捉える視点を持つことにより、学習者に言語行動や、発話意図などに着目させる活動をコーディネートすることができます。特に今回は、「発話」「会話」「再話」を意識した中上級の授業を考えます。
この講座では、映像教材の分析、学習項目を洗い出す作業、そこから授業案を考えるという一連の流れを経験することで、日本語の言語行動、発話意図などについて、参加者と共有していくことを目的とします。

 

●開講日:2022年7月29日~9月16日 毎週金曜日

●開講時間:17:30-20:20(80分×2)

●講座回数:全7回

●内容:「話す」ための映像使用
ー多次元シラバスの運用による授業展開ー


理論編

映像教材「日本語でだいじょうぶ」を紹介し、「多次元シラバス」の実際とその利点を紹介します。

実践編

映像教材を用いて、中上級の授業を組み立ててみます。映像の談話分析から学習項目を拾い出し、それがカリキュラム作成の重要なポイントとなることを理解します。その上で、授業案を考えます。無理のない、そして学習者にとって興味深く、かつ日本語力が身に付く授業の形にするにはどうすればいいか、何に注意する必要があるか等をワークショップ形式で考える。

※授業はすべてZOOMを利用し、オンラインで行います。受講にあたってZOOMのアプリは必ずしも必要ではありませんが、事前にZOOMのアプリをインストール(無料)していただくとよりスムーズに参加できます。

​​●受講料28,500円(税込み)(学割:19,000円)
※大学生、大学院生の受講者は学生割引の対象となります

図書館の本棚
 

お問い合わせ

受講を希望される方は、以下にお名前とメールアドレスをご記入、件名に「金曜講座受講希望」とご入力のうえ、ご送信ください。

折り返し、お申込用紙をお送りいたします。

その他のお問い合わせもどうぞお気軽にお送りください。

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-26-11

TEL. 03-5908-3877

FAX. 03-5908-3878

送信が完了しました。

Adult Students